大阪のレンタカーならテラニシモータース

事故を未然に防ぐための、適切な車間距離
TEL06-4304-4761

事故を未然に防ぐための、適切な車間距離スタッフBLOG

  

みなさま、こんにちは。

テラニシモータースでございます。
みなさんは、普段の運転で前を走行している車のと 車間距離 はどのくらいとっていますか?

高速道路などでも多い、追突事故。そういった事故を未然に防ぐためには車間距離がとても重要になります。
前のクルマとの車間距離はどれくらいがいいの?

道路交通法第26条の「車間距離の保持」というものがあり、前を走るクルマが急停止してもこれに追突しない距離を保持することが定めれています。
安全な車間距離の保持や目安として

速度と同じ車間距離を保持するという方法があります。たとえば、時速80キロで走行している場合、80m以上車間距離を取るというものです。

他にも、時間で測るという方法もあります。たとえば、目標地点とする標識が立っている場所を前のクルマが通過したとき自分のクルマがその地点を通過するまでの時間を測るというものです。
また、道路の路面状況(雨や雪が降っているか)・タイヤの状態(新品に近いのか、すり減っているのか)などによってはいつもの二倍を目安に車間距離を取ったほうが良いです。

路面がぬれていると道路が乾燥しているときに比べて、ブレーキのききも悪くなります。いつもの調子で車間距離を保っていても急なブレーキでタイヤがすべり、前のクルマに追突

してしまう可能性がありますので、注意しましょう。
また適切な車間距離を取れていないと、事故だけでなく交通違反として取り締まりの対象になってしまう恐れもあります。

あおり運転をされていると勘違いされてしまうこともあるので、前のクルマとは適切な距離を保ち、事故やトラブルのないよう意識しましょう!

関連:  モンストことモンスターストライクウルトラマンのコラボ決定!

格安レンタカーの予約・空車情報!簡単検索で最寄りの駅や空港から当日予約

ページ上部へ戻る