大阪のレンタカーならテラニシモータース

自動車保険の対人補償と対物補償の違いとは?
TEL06-4304-4761

自動車保険の対人補償と対物補償の違いとは?スタッフBLOG

  

みなさま、こんにちは。
テラニシモータース株式会社でございます。
 
本日は 対人賠償責任保険と対物賠償責任保険の違い お話させていただきます!
 
対人賠償責任保険
対人賠償責任保険では 相手・人への賠償になります。
ご契約の自動車を運転中の事故などにより、他人を死亡させた場合やケガをさせた場合に法律上の損害賠償責任の額から自賠責保険などによって支払われるべき金額を
差し引いた額について、一回の事故につき、事故の相手の方1名ごとに保険金額を限度に保険金が支払われます。
 
対物賠償責任保険
一方、対物賠償責任保険では相手のお車や物への賠償になります。
ご契約の自動車を運転中の事故などにより、他人の自動車や物を壊した場合は、法律上の損害賠償責任の額について、一回の事故につき保険金額を限度に保険金が支払われます。
 
二つの違いは賠償請求が補償される範囲です。
対人賠償である自賠責の限度額が、ケガ 120万円、死亡 3000万円が限度額とされています。
たとえば、自動車の事故で他人を死亡させて、6000万円の賠償金額が請求された場合、自賠責保険は3000万円までしか支払われません。残りの3000万円を自動車保険(任意保険)の
対人賠償責任保険から、保険金が支払われるというものです。
 
また、自賠責保険には対人賠償のみで、対物賠償はありません。
万が一、ガードレールや電柱にぶつかるような事故を起こしてしまい、それらの修理金額を請求された場合に自動車保険の対物賠償責任保険から保険金が支払われます。
 
どちらも、限度額を選ぶことができます。
自動車事故があったとき、賠償金額が高額になるケースが多いので、対人・対物賠償責任は限度額を無制限にされることをおすすめします!

関連:  自損事故を起こしてしまったら、どうすればいいの?

格安レンタカーの予約・空車情報!簡単検索で最寄りの駅や空港から当日予約

ページ上部へ戻る