大阪のレンタカーならテラニシモータース

野生動物と事故を起こしてしまったときはどうすればいい?
TEL06-4304-4761

野生動物と事故を起こしてしまったときはどうすればいい?スタッフBLOG

  

みなさま、こんにちは。

テラニシモータース株式会社でございます。
道路や山道を走行中に野生動物と接触してしまった場合、どうすればいいのでしょう?大型動物との接触ですと、人身事故の恐れもあり危険です。

本日は野生動物との事故を避けるための対策と、事故が起きてしまったときの

対応についてお話させていただきます!
事故を避けるために

野生動物が道路上に出没する危険の高い道路にはドライバーへの、注意喚起のために警戒標識が設置されています。

動物の種類が書かれていることもあるので、警戒標識を確認したら、いつもよりスピードを落とし、飛び出しに注意して

慎重に運転しましょう。
事故が起きてしまったら

野生動物と接触してしまった場合、交通事故と同じように警察を呼びます。

動物が生きている場合、素手で触らないようにしながら近隣の動物病院に連れて行きましょう。動物の保護が難しい場合、保護施設や動物病院に

連絡をし、指示に従います。

動物との接触が原因でクルマに傷がついてしまった場合、車両保険を付帯していれば保険を使用することが出来ます。また、その衝撃でドライバーや

同乗者がけがを負ってしまった場合は人身傷害保険を使用することで治療にかかる費用に対して保険金が支払われます。
保険を使用するとき、必ず警察に事故の届け出を行う必要がありますので注意しましょう。

野生動物との事故はニュースでもよく見かけますし、実際、暗い山道を走行中などは発見が遅れて事故につながる可能性も大きいです。

もし事故に遭遇しても、落ち着いて冷静に行動しましょう。

関連:  人材不足に悩む店長が愛しきスタッフへ送る愛の言葉( *´艸`)

格安レンタカーの予約・空車情報!簡単検索で最寄りの駅や空港から当日予約

ページ上部へ戻る