大阪のレンタカーならテラニシモータース

霧が濃くて前が見えない…? 濃霧時に注意すべき3つのこと
TEL06-4304-4761

霧が濃くて前が見えない…? 濃霧時に注意すべき3つのことスタッフBLOG

  

みなさま、こんにちは。

テラニシモータース株式会社でございます。

みなさんは濃霧の中、クルマを運転されたことはありますか?

濃霧というのは霧のことで、周囲の空気が冷えることで発生します。濃霧時は視界が悪く、前方が視認しづらい為

事故の発生率も高くなります。とくに、標高の高い山道などで発生することが多いようです。

また、今のような梅雨の季節にも起こりやすい現象です。
今日は濃霧時の運転で注意すべき、3つのことをお話させていただきます。

 

①スピードを緩め、車間距離を保ちましょう

濃霧時は視界が悪い為、前方が良く見えません。前方車両との距離が分からず、追突してしまう危険があります。なのでスピードを緩め、

前方車両と広めの車間距離を保ちながら走行しましょう。
②ヘッドライトをロービームに

「ハイビーム」だと、ヘッドライトの光が拡散してしまい、乱反射によって視界が悪くなる可能性がありますので「ロービーム」で走行しましょう。
③センターラインを見印に

濃霧時は遠くが霧で覆われていて見えないので、足元の白線・センターラインを目印に走行するのも効果的なようです。
 

もし、走行中に霧が出てきたら、これらに注意しながら運転しましょう!

関連:  春の気候になってきましたね★ バーベキューの時期ですよ~~~~

格安レンタカーの予約・空車情報!簡単検索で最寄りの駅や空港から当日予約

ページ上部へ戻る